若い起業家に
持続可能なビジネスのチャンスを

シエラレオネ

 

国際移住機関(IOM)

Mission 若者の雇用と起業を促進する

 

シエラレオネにおける若者の雇用と起業を促進し、国内の人々が非正規移民になるリスクを低減する。

IOMが取り組む社会課題

安全な水が手に入らない

 

シエラレオネの若者の高い失業率
シエラレオネ内戦*から15年以上が経過した今でも、シエラレオネは若者の失業率がアフリカで最も高い国の一つとなっています。

シエラレオネでは、若者の3人に2人が失業または不完全雇用の状態に
あります。

 

 

*シエラレオネ内戦: シエラレオネで1991年から2002年まで起きた内戦。反政府勢力、革命統一戦線(RUF)と政府軍との交戦で、ダイヤモンドの鉱山の支配権をめぐって大規模な内戦に発展し、7万5000人以上の死者を出した。

Vision 非正規移民となる若者を減少させる

 

シエラレオネの若者が持続可能なビジネスを展開できるよう、彼らの起業家としての能力を高めることで、非正規移民となる若者の減少を目指す。

IOMが活動するシエラレオネ

🇸🇱
シエラレオネ
人口 504ドル 1人あたりGDP 797万人

若いシエラレオネ人の多くが就業支援や職業支援を受けられない

 

何十年もの間、起業支援や技術教育、職業訓練への参加が制限されていた影響で、多くの若者は自分や家族を養うために十分なスキルを身につけたり、持続可能なビジネスに従事することができませんでした。

 

また、シエラレオネは若者の失業率がアフリカで最も高い国のひとつ。若者が非正規に他国への移住を試みる例が後を断ちません。

 

毎年何千人もの人々が、密輸業者に指示された違法な手段で他の国に移住せざるを得ないのが現状です。

 

結果として、ヨーロッパでの悪質な雇用機会に騙されるなど、人身売買に巻き込まれてしまう原因となっています。

若者がシエラレオネの外で経済的なチャンスを得ようと国外へ非正規移住

シエラレオネ最大の都市

 

フリータウン
Freetown

失業率の高さから、フリータウンをはじめとする都市部では、怠惰な若者が増加、一部の地域社会の不安要因となっており、経済的衰退をさらに深めています。

 

またCOVID-19による国内の社会経済情勢の悪化により、若者の失業率がさらに増加することが予想されています。

 

さらに、生活費の高騰も数百万世帯に影響を与えており、多くの人々が他の国への移住を希望しています。非正規移住には危険が伴うにもかかわらず、ヨーロッパでの経済的なチャンスを求めて国外へ旅立ちます。

月額サポートプランと 国際移住機関(IOM) からのリターン

月額

500円

マンスリーサポーター限定のメルマガ配信

IOMプロジェクトマネージャーからのお礼のメール

サポートコミュニティへの参加

月額

2,000円

マンスリーサポーター限定のメルマガ配信

IOMプロジェクトマネージャーからのお礼のメール

サポートコミュニティへの参加

月額

10,000円

マンスリーサポーター限定のメルマガ配信

IOMプロジェクトマネージャーからのお礼のメール

サポートコミュニティへの参加

月額

50,000円

マンスリーサポーター限定のメルマガ配信

IOMプロジェクトマネージャーからのお礼のメール

サポートコミュニティへの参加

IOMが支援中の起業家から直筆でのお手紙のお届け

IOMのSNSや活動報告書、記念碑等にお名前記載

ライブ配信

定期的に開催されるライブストリーミングで、国際移住機関(IOM)と直接つながることができます。

サポーターは支援先の子供たちやスタッフに質問をしたり、励ましの言葉を送ったりといったコミュニケーションを直接とることができます。

IOMシエラレオネについて

 

プロジェクトマネージャー

赤尾 邦和

Kunikazu Akao

 

赤尾 邦和は、IOMシエラレオネで雇用支援を行っており、シエラレオネの若手起業家を支援する今回のプロジェクトのマネージャーを務めています。

シエラレオネにおけるIOMの起業家支援プロジェクトのミッション

シエラレオネにおけるIOMの起業家支援プロジェクトのミッション
IOMは、シエラレオネの若者に起業家としてのスキルを身につけてもらい、非正規移民を減らすための持続可能なビジネスを展開してもらいたいと考えています。

 

この目標を達成するために、私たちは「若者のための起業促進と起業支援を通じた非正規移民のリスク軽減プロジェクト」と題した若者への支援プロジェクトを開催し、起業に関するトレーニングやメンターシップ、企業・道具の提供、ビジネス・メンターシップを行っています。
シエラレオネでは、他国への非正規移住の主な原因は、若者の失業であり、他国への移住は貧困から抜け出すための手段となっています。私たちは、若者が自分でビジネスを始めたり改善したりできるようにトレーニングすることが、若者の失業率を減らし、国の発展に積極的に参加するための最良の方法だと考えています。

 

この目的のために、IOMシエラレオネは以下のことを行っています。

雇用適性を高めるための職業訓練

 

若者と女性の雇用適性を高め、労働市場の需要に応えるための職業訓練による支援を行う。2,000人の弱い立場の若者(うち600人は若い女性)に対し支援を行う。

 

起業家になるための訓練

 

200人の若者(うち70%は若い女性)にビジネスのスタートアップの方法を提供し、40人の起業家(50%は若い女性)にはビジネスマネジメントの上級トレーニングを提供する。

 

非正規移民になることを防ぐキャンペーン

 

若者への非正規移民の危険性についての啓発キャンペーンを通して、シエラレオネで経済活動を行っていく方法があることを伝える。

活動内容の解説(IOMシエラレオネ 赤尾 邦和)

 

IOMシエラレオネの主な活動

若手起業家が持続可能性のあるビジネスを学ぶ5日間の研修

 

2019年10月初旬、シエラレオネの高い失業率に対処するため、IOMシエラレオネはフリータウン市議会と協力し、市内の若者200人を対象に廃棄物処理ビジネスの実践的な5日間の研修を開催しました。

 

この研修の目的は、若者に家庭ごみの収集と管理のスキルを提供し、廃棄物収集ビジネスを実践、そこで得た利益で最低限日常生活の不便をなくしていく体験を提供することでした。

 

参加者はグループに分かれて、20種類の廃棄物収集ビジネスを立ち上げ管理しました。この研修の一環として、参加者には15ヶ月間のビジネス開発支援が提供され、ビジネスに必要な廃棄物収集機器や電動三輪車も提供されました。

img_activity_1
img_activity_2

「ジェンダーと起業」に関する5日間のトレーナー養成研修

 

2019年10月、IOMシエラレオネは「First Training of Trainers Workshop on Entrepreneurship In Sierra Leone」と題して、「ジェンダーと起業」に関するトレーナー研修を開催しました。

 

このトレーニングの目的は、18人のトレーナー候補に起業に関する適切な知識とスキルを身につけさせ、シエラレオネの240人の若者と若い起業家の女性をトレーニングすることでした。

 

この取り組みを通じて、シエラレオネの若者の雇用と起業を促進することで、将来的に海外に出る非正規移民の数を減らしたいと考えています。若者に、シエラレオネには多くのビジネスチャンスがあり、移住する必要はないことを理解してもらうことが目的です。

 

参加したトレーナー候補生は、経済学習のテクニック、起業入門、ビジネスアイデア、ビジネスプランニング、コーチングなど、幅広いテーマのトレーニングを受けました。

IOMが支援する起業家たち

Alie/アリー

アリーはシエラレオネ出身の若い起業家です。彼の夢は、起業家として成功し、コンピュータートレーニングセンターを設立し人々の成長を支援することです。

 

彼はコンピューターに関する職業スキルのための最高の教育支援を提供したいというビジョンを持っており、学習施設を開設したいと考えています。

 

シエラレオネの若者が仕事をするのに有用な技術を身につけることを目的としています。

アリーからのメッセージ

 

私の夢は、まずスキルを身につけて自分の可能性を最大限に引き出し、経済的にも安定した後、 次は他の人の成長や夢の実現をサポートすることです。

 

このプロジェクトが成功すれば、私の目標達成だけでなく、未来あるシエラレオネの若者たちも経済的に自立し、スキルをさらに高めることができます。

Emma/エマ

エマは、小さな美容院を経営しています。

 

まずは経済的に自立して家族を養えるようになることを目標にしています。

 

次のステップとして、地域の雇用機会を創出することでコミュニティの若い男女の大きな助けになればと、ビジネスを日々改善しています。

エマからのメッセージ

 

神様と皆さんのサポートと情熱にとても感謝しています。
地域社会や国のためにも、しっかりと事業を運営していきます。

Elizabeth/エリザベス

 

エリザベスは、IOMシエラレオネでトレーニングを受けた若い起業家の一人で、小さな果物販売ビジネス「Calabash Fruits」の創設者兼オーナーです。このプログラムの支援により、彼女はビジネスを拡大し、地域社会に雇用機会を創出することができるようになりました。
(写真中央奥がエリザベス)

IOMに協力して、
シエラレオネの若い起業家を支援しませんか?